SiNGブログ blog

ICTを活用したイチゴ栽培

秋田市でICTを活用したイチゴ栽培(スマート農業)がはじまっています。
https://www.sakigake.jp/news/article/20201002AK0009/

そこで、仁井田にある秋田市園芸振興センターとイチゴ農家の2か所を議員グループで視察してきました。

園芸振興センター内のハウス内では、室温、土温、養液や二酸化炭素の注入量やタイミングなどをセンサーで自動制御し、一定の環境を保っています。またリアルタイムのデータも遠隔でモニター・操作することでき、作業軽減が図られていました。

現状のデータ解析は、センター職員が数値を設定していますが、将来的にはデータ解析のAI化が進んでいくと考えられます。

また、高齢化や担い手不足が進む秋田市の農業においても、スマート農業の活用は、作業時間を短くしたり新規参入を増やしたりと注目されています。

今後、スマート農業の導入支援は全国規模で広がっていきます。秋田市でも、全国に先駆けてインフラの共有化を進めるなど導入しやすい環境作りの先行事例づくりに挑戦していければ思います。

PAGE TOP